米澤穂信「満願」

「夜警」謎はなかった。正確には伏線があからさまで意外性がなかった。
「死人宿」ミステリっぽかった。
「柘榴」ミステリっぽくなかった。
「万灯」伏線回収型のミステリだった。タイトルの意味がわからない。
「関守」これも伏線回収型だった。意外性がない。
「満願」意外性があった。
関連記事
スポンサーサイト



この記事へのコメント:

管理人のみ通知 :

トラックバック:


検索フォーム
最新記事
リンク
カウンター
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
QRコード
QR