深水黎一郎「美人薄命」

短くまとまっていてよかった。
最初の方から意味のわからない描写が多々あったので、そっち系のトリックを疑ったが、結果的に違っていた。
伏線の回収が不十分な気もするが、ここから先は後期クイーン問題になるので、深入りしない。
本筋に関してはちゃんとまとまっている。
関連記事
スポンサーサイト



この記事へのコメント:

管理人のみ通知 :

トラックバック:


検索フォーム
最新記事
リンク
カウンター
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
カレンダー
03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
QRコード
QR