籘真千歳「スワロウテイル 序章 人工処女受胎」

スワロウテイル序章/人工処女受胎 (ハヤカワ文庫JA)
籘真 千歳
早川書房
売り上げランキング: 36,456

内容(「BOOK」データベースより)

男女別の自治区で性別の違う人間と共に暮らす人工妖精たち。その一体である揚羽は、全寮制の看護学園で同室の連理や義妹の雪柳らと学園生活を謳歌していた。人間に害をなす人工妖精を密かに殺処分する“青色機関”の一員という裏の顔を持つ揚羽は、学園内の連続事件に死んだはずの科学者・不言志津江の陰謀を見出す。それは揚羽の人生に今後降りかかる過酷な運命の予兆でもあった。人気シリーズの前日譚たる連作中篇集。


短編集だと思っていたら長編だったと思ったが、よく考えたらよくある連作短編集だった。
序章ということで前2作とのリンクがちらほらと。
まどか+空の境界。
世界観を詰めていくのは論理的で意外性があって良いが、どうにもすっきりしない。
物語がややこしいんだよな。
この辺りが野崎まどとの差か。
次でラストのようなので記憶があるうちに読みきってしまいたい。
関連記事
スポンサーサイト



この記事へのコメント:

管理人のみ通知 :

トラックバック:


検索フォーム
最新記事
リンク
カウンター
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
QRコード
QR